VOICE / CASE

お客様の声・事例紹介

CASE 03

食品工場

こんな変化が!

ゴミ袋が床に散乱することなく、衛生的なごみの保管と排出がでるようになりました。

ご愛用者様 ヨシツネ食品株式会社 様
導入機器 プレモ750PC​
導入効果
衛生管理、省スペース実現

ゴミの排出量はどのくらい?

食材の容器包装プラを中心に毎日2㎥ほど発生します。

どのように運用しているの?

ごみ袋を床に直に置くのをやめて、回収したごみは、持ち込んだ人が、即時にプレモ750の専用コンテナに圧縮保管しています。

導入後の効果はいかがでしょうか?

以前は、肉汁など袋から漏れ、臭いの発生や清掃が大変でした。限られたスペースで運用ができるようレイアウト提案もあり、現在は、ごみが山積みされることなくコンテナ2本にスッキリ保管。臭いや衛生面が飛躍的に改善できました。製造後の静廃棄物流の効率化とコスト削減を実現できています。

ADVICE

PREMOの導入を
検討している方へのメッセージ

廃棄物をコンテナに圧縮して保管することにより、衛生面やスペース問題が解決できると思います。

一覧へ戻る

お問い合わせは簡単!​

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら